相場反転の兆し!?MACDのダイバージェンスとは?

  • MACDってなに?
  • 逆張りの指標が知りたい!
  • ダイバージェンスってなに?
  • ダイバージェンスの使い方が知りたい!
  • ヒドゥンダイバージェンスとは?

MACD(マックディー)といえば、移動平均線のように有名なオシレーターであり、MT4では標準で表示されていることもあります。

このMACDの見方・使い方について解説していますので、ぜひ最後までご覧ください。

MACDとは

MACDとは、「Moving Average Convergence Divergence」の略で、日本語だと、「移動平均収束拡散法」と呼ばれます。

2本の移動平均線を組み合わせたオシレーターで、ダイバージェンス・ヒドゥンダイバージェンスと呼ばれる判断材料があります。

FXに慣れていない方であれば、あまり聞きなれない言葉だと思いますが、それぞれの使い方や注意点等を解説していきます。

ダイバージェンスとは

ダイバージェンスとは、例えば上昇相場の場合に高値付近にて、「価格は上がっているのに、MACDは上がり切らずに高値を超えられない」状況を指します。

MACDは2本の移動平均線をベースにしたオシレーターなので、価格が上昇している場合は、基本的にMACDも上昇していきます。

この関係が崩れて、価格は上昇しているのに、MACDが上昇していないのがダイバージェンスです。

ダイバージェンスは、”トレンドの勢いが弱くなってきている局面で現れやすい”です。

トレンドの勢いが強い局面では、それに付随してMACDも大きく動きますが、転換期というのはトレンドの勢いが弱まってくることが多いです。

つまり、”ダイバージェンスはトレンドの転換期に現れやすい”と言い換えることが出来ます。

この性質を利用して、逆張りの判断材料にすることもできます。

MACDのダイバージェンスが発生している場合、「そろそろ相場が反転するかも!?」という見方が出来ます。

これに他のオシレーターやダウ理論等を組み合わせて、逆張りを仕掛けていくトレード手法もあります。

ヒドゥンダイバージェンスとは

ヒドゥンダイバージェンスとは、例えば上昇相場の場合に安値付近にて、「価格は切り上がっているのに、MACDは下がっている」状況を指します。

ダイバージェンスは逆張りに利用されることが多いですが、”ヒドゥンダイバージェンスは順張りに利用されることが多い”です。

上昇トレンドの場合であれば、押し目部分にて判断することになるので、そこからトレードに応用していく流れになります。

ヒドゥンダイバージェンスは、ダイバージェンスに比べて、利用している方が少ない印象を受けます。

ヒドゥンダイバージェンスは順張りに利用されることが多いですが、順張りのオシレーターであれば、移動平均線等のメジャーなものを判断材料にされる方が多いため、ヒドゥンダイバージェンスをトレードに活用している方は多くはないです。

ダイバージェンス・ヒドゥンダイバージェンスの弱点

MACDのダイバージェンス・ヒドゥンダイバージェンスというのは、移動平均線をベースにしていることもあり、だらだらと上がったり下がったりしているような、”メリハリのない相場には効きにくい”です。

一方的に価格が動いているような相場の場合、反転も突然起こることが多いです。

そのため波を作って推移している相場を見分けたうえで、ダイバージェンス・ヒドゥンダイバージェンスを活用していくのがおすすめです。

これら単体で判断するのではなく、他のオシレーター等を組み合わせることによって、相場分析の精度が上がります。

MACD まとめ

  • MACD(マックディー)は、日本語で「移動平均収束拡散法」
  • MACDのダイバージェンスとは、例えば上昇相場の場合に高値付近にて、「価格は上がっているのに、MACDは上がり切らずに高値を超えられない」状況を指す
  • ダイバージェンスは、”トレンドの勢いが弱くなってきている局面で現れやすい”
  • ダイバージェンスはトレンドの転換期に現れやすく、逆張りの判断材料として利用できる
  • MACDのヒドゥンダイバージェンスとは、例えば上昇相場の場合に安値付近にて、「価格は切り上がっているのに、MACDは下がっている」状況を指す
  • ヒドゥンダイバージェンスは順張りに利用されることが多い
  • ダイバージェンス、ヒドゥンダイバージェンスは、メリハリのない相場には効きにくい

相場分析の判断材料の一種として、MACDのダイバージェンス・ヒドゥンダイバージェンスについてお伝えしましたが、トレードをするための口座はお持ちですか?証券会社の口座開設がお済みでない方にオススメしたい口座があります。

それは、海外最大手ともいえる XM という証券会社です。とても魅力的な証券会社なので、当サイトでも大々的に取り上げています。XM の詳しい情報から、口座開設方法まで全て網羅しています。気になる方は詳細記事を用意していますので、そちらへご案内します。

XM Tradingの口座開設はこちら

タイトルとURLをコピーしました