相場を俯瞰してみる!逆張りの精度を高めるコツとは?

  • 逆張りをやっているけど、いつも逆行してしまう
  • 逆張りのコツが知りたい!
  • 逆張りの勝率を高めたい

逆張りというのは、ピンポイントで取引をしなければいけないので、慣れるまではコツがいります。

意識するだけで、それまでと大きく変わるポイントをご紹介します。

相場を俯瞰(ふかん)してみる

俯瞰というのはあまり聞きなれない言葉ですが、わかりやすく言い換えると、「相場を大きく捉える」ということです。

木を見るのではなく、森を見る」という言葉がありますが、一部しか見ていない場合は全体像を捉えられないということを意味していて、これがチャートの世界でも当てはまります。

これをチャートの世界に落とし込むと、「タイムフレームを上げてチャートを見る」ということが当てはまります。

タイムフレームを上げるとは

タイムフレームとは、自分が見ているチャートの時間軸のことを指しています。これを上げるということは、15分足を見ている方であれば1時間足、1時間足を見ている方であれば4時間足という具合に、見ている時間軸を大きくしていくことです。

時間軸を大きくすることによって、チャートを広く見ることが出来ます。チャートを広く見ることによって、ピンポイントでは見えていなかったものが見えたりします。

これによって、見落としていた点を回避して無駄な負けを減らすことで、結果的に勝率が上がります

タイムフレームを上げて分析するということは、それだけ手間は増えてしまいますが、勝つための作業なので怠らないようにするのがおすすめです。

タイムフレームを上げるというのは、結果的に上位足の流れに乗るために行います。

上位足の流れに乗る

勝率を高めるキモ」ともいえるポイントが、上位足の流れに乗ることです。

上位足というのは下位足に比べて、より多くの方が見ているので、優位性が高くなります。この優位性をトレードに活かすことで勝率が上がりやすくなります。

具体的には、上位足のトレンドの出ている方向に対して、下位足で逆張りを仕掛けるということになります。

例えば、大きい流れで下降トレンドが発生してる状況で、小さい上昇トレンドが発生していると仮定します。この場合は大きい流れで下降トレンドが発生しているので、長期的には下降していくことが予想できます。

この前提を条件に、短期での上昇トレンドに対して逆張りを仕掛けることによって、長期のトレンドの流れに乗る形になるので、勝率は高くなります。

シンプルな内容ですが、これを意識するだけで大きく変わってきます。

上位足を意識しない状態で逆張りを行うと、逆行して損失を被ってしまいやすくなります。

これは上位足の流れの方が強いため、短期足でチャンスが発生していたとしても、上位足の流れに飲み込まれやすいためです。

トレンドを簡単に把握する方向

大きいトレンドに乗ることが重要だとお伝えしましたが、トレンド判断が苦手な方もいると思います。

そういった方は、移動平均線を表示して目安にすると良いです。

移動平均線に対して、上と下どちらに現在値があるかによって、相場の方向を判断することが出来ます。移動平均線には期間の設定がありますが、これは20に設定しておくのが無難です。

期間20というのは、デフォルトで設定している証券会社もあるくらい、メジャーな設定です。

移動平均線を表示しておくだけで視覚的にかなりわかりやすくなります。

あくまでも移動平均線については、”目安”として捉えるのがおすすめです。相場の方向感というのは、ダウ理論に基づいて判断されるのが一般的なので、移動平均線の状況だけで断定するのはやめた方が良いです。

移動平均線を使用して、より質の高い分析を行うのであれば、表示する移動平均線を複数にしたり、移動平均線の角度を気にするようにするのがおすすめです。

移動平均線というのは、方向感がわかるだけではなく、トレンドの強弱についても判断することが可能です。

逆張りの精度を高めるコツ まとめ

  • 相場を大きく捉える
  • 普段見ている時間足より、大きい時間足でチャートを見る
  • 上位足でトレンドの出ている方向に、下位足で逆張りを仕掛ける
  • 上位足の流れに逆らうと逆行しやすい
  • 移動平均線を表示して、トレンドの方向を判断する
  • 移動平均線の情報だけで、トレンドを断定するのは避ける
  • 移動平均線は、トレンドの強さも把握することができる

こちらの記事では、逆張りのコツについて解説しましたが、トレードをするための口座はお持ちですか?証券会社の口座開設が終わっていない方にオススメしたい口座があります。

それは、海外最大手ともいえる XM という証券会社です。とても魅力的な証券会社なので、当サイトでも大々的に取り上げています。XM の詳しい情報から、口座開設方法まで全て網羅しています。気になる方は詳細記事を用意していますので、そちらへご案内します。

XM Tradingの口座開設はこちら

タイトルとURLをコピーしました