FX 忙しい方必見!短時間で出来るスキャルピングの手法

  • FX に取り組みたいけど時間が取れない
  • スキャルピングの手法が知りたい
  • 隙間時間でもFX をやりたい
  • 少しずつ FX に慣れていきたい

こちらの記事は、こういった悩みを抱えている方に参考になる内容となっています。FX を始めようと思っていても、本業が忙しくてなかなか時間が取れない方もいるかと思います。そういった方でも取り組みやすい、スキャルピングトレードについて掘り下げていきます。

短時間で出来るスキャルピングの手法

スキャルピングとは、短期売買(ポジションを保有してから決済までの時間が、数十秒~数分程度の取引を指すことが多い)のことです。では、具体的にはどうやって取引を行うのか?ということになってきます。

ポジションを保有してから決済までの時間が短いため

  • 動きが活発なところ
  • 動きが出やすそうなところ

これらのポイントで取引できると理想的です。つまり、こういったところを狙ってトレードしていくことになります。スキャルピングは、順張り・逆張りどちらにも適用可能です。

複数の移動平均線を組み合わせたパーフェクトオーダー

パーフェクトオーダーというのは、複数の移動平均線(例として、短期・中期・長期の3本)が上から順番に、短期・中期・長期となっているのが買いのパーフェクトオーダー、下から順に短期・中期・長期となっているのが、売りのパーフェクトオーダーになります。

移動平均線の期間をいくつに設定するのかによって変わってきますが、スキャルピングトレードでは期間を大きくとる必要はありません。具体的には、短期(5)・中期(13)・長期(20)のような数値にしておくと視覚的にわかりやすいです。

移動平均線がパーフェクトオーダーの状態になっている時は、順張りの環境が整っていると言えます。決済のタイミングは、任意の pips を獲得したら決済するパターンと、パーフェクトオーダーが崩れるまで保有する2種類の方法があります。前者のメリットは、あらかじめルールを決めておくのでブレにくいです。後者のメリットは、利益を大きく伸ばせる可能性があります。

RSIで買われすぎ・売られすぎを判断しての逆張り

前項では、順張りについての解説を行いましたが、RSI は逆張りに使用する例を解説します。

RSI は一般的に、買われすぎ・売られすぎの目安として使用されることが多いです。具体的には、RSI の数値が70以上で買われすぎ、30以下で売られすぎと判断されることが多いです。

RSI にも移動平均線と同じく期間の設定項目がありますが、これはデフォルトの状態で使用して差し支えないかと思います。証券会社側はユーザーフレンドリーを目指していますので、使い勝手の良いように設定してくれています。

為替相場がどちらか一方的に変動することはないので、トレンドが強く出ているところでも、必ず反対売買によって波を作ります。このタイミングで逆張りをするのが、RSI を使用したトレードです。

しかし、逆張りと言うのはタイミングが非常に難しく、トレンドの勢いが強い場合は飲み込まれて負けてしまうこともあります。これを回避するためには、買われすぎ・売られすぎの基準を高く設定する方法があります。具体的には、数値が70以上と30以下であったところを、80以上と20以下に変更すると言った具合です。

この逆張りの場合の決済ポイントは、任意の pips を獲得した場合と、RSI が中央に回帰(50付近)に戻ってきた場合等があげられます。逆張りと言うのはトレンドに逆らっていますので、欲張ってしまうのは厳禁です。

スキャルピングは、1分足か5分足がオススメ

スキャルピングの手法について記載しましたが、時間足はどれを選んだら良いか迷っていませんか?結論から言うと、1分足か5分足がオススメです。

そもそもスキャルピングと言うのは、短期売買が前提なので大きい時間軸は必要としていません。スキャルピングのメリットは、取引チャンスがたくさん訪れることです。なので、流れの早い1分足か5分足がオススメです。

1分足が早すぎて難しいという方は、5分足で取引するのが良いです。慣れてきたら、両方試してみるというのもアリです。

短時間で出来るスキャルピングの手法 まとめ

  • 動きが出ているところ、若しくは動きが出そうなところを狙う
  • 順張りは、利益を大きく伸ばすチャンスがある
  • 逆張りは、欲張るとやけどをすることがある
  • スキャルピングをするなら、1分足か5分足がオススメ

スキャルピングにおける、順張り・逆張りを解説しましたが、トレードをするための口座はお持ちですか?証券会社の口座開設が終わっていない方にオススメしたい口座があります。

それは、海外最大手ともいえる XM という証券会社です。とても魅力的な証券会社なので、当サイトでも大々的に取り上げています。XM の詳しい情報から、口座開設方法まで全て網羅しています。気になる方は詳細記事を用意していますので、そちらへご案内します。

XM Tradingの口座開設はこちら

 

タイトルとURLをコピーしました