テニクニカル分析で失敗しない為の4つの注意点!失敗例と対処方を徹底解説!

FXトレードの中で短期トレンドを見極め、エントリーのタイミングを決める為のテクニカル分析。日々のトレードで結果を出していく為には、欠かせない分析です。しかし、テクニカル分析を過信しすぎたり、正しい手法を理解していないと勝ち続けていくのは困難でしょう。そこで、今回はFXトレーダー、特に初心者がテクニカル分析で失敗しやすい4つのポイントを解説していきます。

テクニカル分析をする前に覚えておくべき4つの約束

1.テクニカル分析をしても必ず勝てるわけではない

まず、『テクニカル分析をすれば必ず成功する』と思っている人は、今すぐその考えを改める必要があります。そもそも、トレードするにあたり、『絶対』や『必ず』などの言葉は存在しないのです。実際、為替市場においてプロのトレーダーですら、毎日勝ち続けてる人はほとんど居ません。

どれだけ優れた手法や豊富な経験を持ち合わせていたとしても、その日の為替市場の変化によっては負ける可能性が一定数あります。その為、テクニカル分析だけを覚え、それだけを過信するのはとても危険な行為なのです。

とは言え、テクニカル分析は使えないと思わないで下さい。正しくテクニカル分析をすることで、トレードで負け数を減らす大きな役割を果たします。

手法を覚えたての頃は、中々勝てず嫌気がさすこともしばしばあるでしょう。しかし、その手法を何カ月、何年と使い続け、特徴などを深く理解する事で、勝ち数に繋がるのです。

さらに、ファンダメンタル分析に力を入れたり、メンタルトレーニングをする事で、テクニカル分析がより際立っていきます。その為、テクニカル分析のみを信じるのでは無く、他の要素を取り入れていく事が為替市場で生き残っていく秘訣なのです。

2.様々な手法を使うのでは無く、自分に合うものに絞る

次は、『数多くの手法を使えば使うほど勝てる』という考えが危険思想だという事です。この考え陥ってしまいがちな人は、一つの手法を試したときに上手く成果が上げられず、新たな手法をすぐに取り入れる傾向があります。

しかし、これを続けてしまうと、一つも正しい手法が身に付かず、全てが曖昧のままトレードをしていく事になるのです。つまり、色々な手法を追い求めていく事で、知らぬ間に負の連鎖に囚われてしまう可能性があるのです。

そのような状態に陥らないためにも、複数の手法を一気に実行するのではなく、一つずつしっかりと身に付けていく必要があるのです。そして、手法というのはトレードをする為のツールですので、人によって合うもの、合わないものが存在します。その為、まずは大まかに各手法を学び、自分でも実行できそうなものから順に学んでいくのがベストな方法です。

3.トレンドの勢いに釣られない

3つ目は、トレンドの値動きに踊らされてトレードしないようにしましょう。初心者の多くは、長期トレンドと短期トレンドの区別が付かず、為替市場の乱れでトレンドが大きく変化した際に、トレンドと誤解しそのまま注文を決済してしまう事があります。

しかし、このような場合は、すぐに転換し元のトレンド通り進んでいく事がとても多いのです。その為、値動きが大きく変化したら、すぐに反応するのでは無く、しばらく静観してからポジションを持つか判断しましょう。

これは、メンタル面からの話になりますが、FXトレードで一番重要と言われているのが、常に冷静な判断をとれるメンタルの強さです。感情的になればなるほど、負債が増えていきます。それを防ぐために、どんな状況下でも冷静さを失わないようにし、大きく変動したら忍耐強く待てるメンタルを持つ必要があります。

 

4.損切りと利確のポイントはエントリー前に決めておく

最後は、損切りと利確はエントリー前に決め、それ以降は何があろうと揺るがないようにするという事です。負け数の多いトレーダーは、損切りと利確をするポイントをあらかじめ設定していない、またはエントリー後に変更している為、失敗しています。

エントリー前に予想した値動きに対して、実際の値動きが逆行したり、予想外の変動をすることはよく起こる事です。しかし、そこで予想とずれたからと言って、ポイントを変更してはいけないのです。変更してしまうと、リスク回避の為のポイントが無意味になってしまいます。

また、それらのポイントを設定しないのもとても危険です。先ほどから話しているように為替市場で、何の前触れも無く、突発的に大きな値動きをしてしまう事は多々あります。その時、損切りを設定していないと、一瞬で10,000万円、多い人だと100,000万円飛んでしまう事も珍しくありません。しかし、損切りを設定しておけば、1,000円、2,000円の負けで済み、次のトレードに臨めるのです。

まとめ

  • FXに100%勝てる方法は無い
  • まずは簡単な手法だけを使いこなせるようにする
  • 値動きしてもすぐに反応せず、冷静な判断をする
  • エントリー前の損切りと利確設定で、少しでも負債を減らす

今回は、解説した 4つの注意点は、テクニカル分析を理解していく上でも非常に重要な項目であり、これからのトレードライフの基盤になってきます。為替トレードで生き残っていくには、日々のトレード演習も大事ですが、このような基礎知識も頭に入れておく必要があります。さもなければ、後に大きな失敗を引き起こす可能性があるのです。

テクニカル分析の手法以外にもこのような情報を取り入れ、少しでも長く、少しでも多くの利益を生み出せるトレーダーになりましょう。

テクニカル分析について解説しましたが、トレードをするための口座はお持ちですか?証券会社の口座開設が終わっていない方にオススメしたい口座があります。

それは、海外最大手ともいえる XM という証券会社です。とても魅力的な証券会社なので、当サイトでも大々的に取り上げています。XM の詳しい情報から、口座開設方法まで全て網羅しています。気になる方は詳細記事を用意していますので、そちらへご案内します。

XM Tradingの口座開設はこちら

 

タイトルとURLをコピーしました