FXのテクニカル手法について解説してみた

テクニカル手法

前章にて、FXの手法である「トレード手法」について解説をしました。

この章ではもう一つのFXの手法である、「テクニカル手法」についてお話しします。

過去のデータを読み解け!テクニカル分析

株価や通貨などの値動きの推移をグラフ化したチャートを読み、分析することを「テクニカル分析」といいます。 投資家の心理状態を分析し、今後の値動きを予測する手法です。

具体的には、過去のデータから相場のトレンドや値動きのパターンなどを把握して、将来の方向性や売買ポイントを予測する手法になります。「歴史は繰り返す」という視点で相場を捉えて、過去と同じような局面があれば、相場がそのときと似たような動きをする可能性が高いという考えに基づいています。

テクニカル分析には、価格にはその時点での市場参加者すべての売買する動機や根拠が含まれていて、誰もが平等に価格データを扱うことが可能というメリットもあります。

代表的なものとして、ローソク足、単純移動平均線、ボリンジャーバンド、RSI、MACDなどが挙げられます。

世界中の多くの要因が関連する、ァンダメンタルズ分析

「ファンダメンタルズ」は、国や企業などの経済状況に影響を与える基礎的な要因のことを総合的に示す経済用語です。

このファンダメンタルズの長期的な推移・変化に着目して、相場の先行きを予測する手法が「ファンダメンタルズ分析」です。

ファンダメンタルズ分析で分析の対象となる範囲は非常に多岐にわたりますが、主に景気、物価、雇用に関する経済指標が挙げられます。これらの結果によって、為替相場の水準が決定されると考えられています。

また、中央銀行の金融政策を予測することもファンダメンタルズ分析にあたります。

FXのテクニカル手法についての分類 まとめ

  • テクニカル分析:ローソク足、単純移動平均線、ボリンジャーバンド、RSI、MACDなど。
  • ファンダメンタルズ分析:金利、求人、DGPなど。
ご自身に合ったトレードは見つかりましたでしょうか。
自分のスタイルを見つけて、トレーダーデビューしてみませんか?
タイトルとURLをコピーしました