レバレッジ:最大888倍?!XMtradingが選ばれる理由はレバレッジにある!

『レバレッジ』と単語は聞いたことはあるが、詳しく説明出来るかを尋ねられた時に首をかしげる人は多いでしょう。現に、私の周りのトレーダーでも、そこまで気にせずトレードしている人達がほとんどです。しかし、レバレッジの特性、または本質を知ることで、さらにトレードを優位に進めることが出来るでしょう。なぜなら、レバレッジとは投資の中ではFXのみのシステムで、FXが唯一誇れる魅力的な特性だからです。さらに、XMTradingでは、そのレバレッジが他社のブローカーと比べても特別優れています。今回は、そのレバレッジの実態とXMTradingがなぜおすすめなのかについて話していきます。

1.レバレッジは諸刃の刃?!
2.XMTradingのレバレッジは業界トップクラス!
3.高レバレッジで追証金無し?!

1.レバレッジは諸刃の刃?!

レバレッジはそもそも、FXで資金運用するうえで一定量の元金が不足しているトレーダーに向けたシステムの一つです。ほとんどの場合、倍率で示され、掛け金×レバレッジの倍率が、実際に運用される資金となります。この倍率はブローカーによって様々で、国内だと1~25倍まで、海外だと数倍~1000倍までのレバレッジをかけることが出来ます。FX初心者は、少量の資金から始めるケースが多く、いきなり大金を生み出すことは、勝ち続ける必要がある為かなり難しいでしょう。しかし、レバレッジはそれを可能にします。例えば、資金を10万円用意し、全てレバレッジをかけて取引した場合、国内のブローカーだと最高250万円、海外だと1000万円分の通貨ペアをトレード出来るのです。これは、FXを始めたばかりのトレーダーにはとても有難いシステムです。

しかし、もちろん大きなメリットの反面、大きなデメリットも兼ねそれています。それは、負けた際に一気に元金が削られてしまうことです。大きく資金が削られ過ぎて、いきなり強制ロスカット(必要証拠金20%以下)になってしまうケースも珍しくありません。また、マイナスになってしまった金額は、基本的に追証金という形式で後から口座に入金しなくてはいけなくなってしまう場合が御座います。勢い余ってレバレッジを利かせすぎず、ここぞという場面で大きく利かせていくのがレバレッジの基本的な利用法です。

2. XMTradingのレバレッジは業界トップクラス!

先ほど海外のブローカーでは、最大レバレッジが1000倍とお話しました。しかし、実際には500倍までのブローカーが多く1000倍に近いレバレッジが可能なブローカーは多くありません。しかし、XMTradingではなんと最大888倍までレバレッジをかけることが出来ます。その数字が物語るように、この超高レバレッジで一瞬にして目標金額に達した人や、勝つ楽しさを味わった人は非常に多いでしょう。

特にこのような超高レバレッジは、スキャルピングや自動売買システムで多く使われます。なぜなら、数秒から数分で何度もトレードを重ねるスキャルピングには、一回で多くの利益を取れ、そのリスクも少ない為、とても有効だからです。また、自動売買も同じように、数分でトレードが終わるケースがほとんどなので、超高レバレッジの特性を優位に利用してるのです。その為、最大レバレッジ(800倍)でデイトレードやスワッピングは非常に相性が悪いので、避けるようにしましょう。一瞬の内に資金が尽きるときが突然来ます。ですが、しっかりとその特性を理解し、活用していけば、一級品の武器になること間違い無しでしょう。

3. 高レバレッジで追証金無し?!

XMTradingがレバレッジの分野において非常に優秀で、是非活用したいブローカーだと思った人は多いでしょう。しかし、こんな疑問が生まれてくるはずです。『そんなにレバレッジが高いと、もし大きく負けでもしたら追証金がとんでもない金額になるんじゃないの?』。これはほとんどの日本のFXトレーダーが一番心配して、海外のブローカーを利用しない理由の一つではないでしょうか。

しかし、XMTradingを始め、海外ブローカーのほとんどがゼロカットシステムを採用しているのです。ゼロカットシステムとは、強制ロスカットになり追証金が必要となった場合に、マイナス分を全てブローカーが負担してくれるシステムです。その為、どんなに高レバレッジで破産しようとも、次の日、遅くても3日後には残高がマイナスから0円に戻ります。仮に0円に戻る前に口座へ入金しても、その分はゼロカット後に残高にプラスされるのです。まさにXMtradingの超高レバレッジは、ローリスク・ハイリターンです。このシステムは、XMTradingの公式サイトにも掲示されていますが、このシステムの存在を知らずに海外ブローカーの利用を避けている人はほとんどです。

では、なぜ日本のFXブローカーは追証金があり、海外はゼロカットなのか。それはブローカー自体の規模が関係しています。日本のブローカーは基本的に国内だけでの営業になりますが、海外のブローカーは世界各国での営業となります。また、その規模の違いに伴い、運用資金が桁違いなのです。その為、日本のブローカーはゼロカットシステムを採用したくても、資金的に採用できません。それに比べて、海外のブローカーは、例え追証金を負担しても経営出来るだけの余裕があるので、このシステムを存分に提供出来るのです。

4. まとめ

1.レバレッジはハイリスクハイリターン

2.XMでは最大888倍まで掛けられる

3.XMでは追証金が発生しない為、高レバレッジでも安心!

日本のFXブローカーを利用するトレーダーの多くは、海外のブローカーを不審に思います。それは、日本のブローカーに比べて海外のブローカーは、高レバレッジやボーナス金などのサービスがとても充実してるからでしょう。しかし、全く疑う必要が無く、むしろそのサービスを利用しないのは大きく損してるとも言えるでしょう。そしてXMTradingは、レバレッジに関しては海外ブローカーの中でもトップクラスであり、ゼロカットシステムも採用しているので、これからFXの口座を開設する人たちには、是非XMTradingを利用して快適なFXライフを送って頂きたいです。

タイトルとURLをコピーしました